Field Strength Pro Version 1.0
for MS-Windows XP
N. Wakai, H. Ueda, K. Imamura and Y. Takahashi
Nov. 1st, 2005

Copyright (C) 2005 NICT and N. Wakai
All Rights Reserved.

目次

1. 概要
2. 使用上の注意
3. 動作環境
4. 使い方
5. 謝辞

-------------------------------------------------------------------------------
1. 概要

Field Strength Pro Ver.1.0 は電界強度予測値を計算するフリーソフトウェアです。Field Strength Pro Ver.1.0 は下記の特徴を持っています。
■Field Strength Pro Ver.1.0 は40 kHz から500 kHz まで、地表距離が4000 km以内の長中波電界強度予測値を計算することができます。
■Field Strength Pro Ver.1.0 は空間波に対するRec. ITU-R 勧告 P.684及び地表波に対するRec. ITU-R 勧告 P.368の波線法(Wave Hop Method)に基づき、開発されました。

-------------------------------------------------------------------------------
2. 使用上の注意

このプログラムはフリーソフトウェアです。
このプログラムの使用による、いかなる損害に対しても、作者は責任を負いません。
作者に無断で以下の事をしないでください。
1) オリジナル以外の形で他の人に配布する。
2) 配布することによってお金を得る。
3) その他、著作権法にふれる行為。
作者へ要望、質問、バグの報告をする前に、この文書をよく読んでください。
作者の連絡先(メールアドレス)及び Field Strength Pro の最新版は情報通信研究機構日本標準時プロジェクトのHPから入手できます。
http://jjy.nict.go.jp/index.html

-------------------------------------------------------------------------------
3. 動作環境

Field Strength Pro は以下の OS で動作します。
MS-Windows XP

-------------------------------------------------------------------------------
4. 使い方
4.1 必要なファイル
以下のファイルが必要です。FSPRO-JP.lzh を解凍すると以下のファイルが入手できます。

ファイル名 説明
fs_pro.exe Field Strength Pro Ver.1.0 アプリケーションの実行ファイル
AF1.dat データファイル(定数)
AF2.dat データファイル(定数)
AF3.dat データファイル(定数)
CSX.dat データファイル(定数)
D.dat データファイル(定数)
DG.dat データファイル(定数)
F.dat データファイル(定数)
FCS.dat データファイル(定数)
FF.dat データファイル(定数)
FG.dat データファイル(定数)
FREQ.dat データファイル(入力修正が必要) 送信所の周波数 単位:kHz
GCM.dat データファイル(定数)
GCR.dat データファイル(定数)
GCT.dat データファイル(定数)
GW1.dat データファイル(定数)
GW3.dat データファイル(定数)
GW.dat データファイル(定数)
LATRLONR.dat データファイル(入力修正が必要) 受信点の名前と緯度及び経度 単位:度(十進) マイナスの符号:南緯度、西経度
LATT.dat データファイル(入力修正が必要) 送信所の緯度 単位:度(十進) マイナスの符号:南緯度
LONT.dat データファイル(入力修正が必要) 送信所の経度 単位:度(十進) マイナスの符号:西経度
MON.dat データファイル(入力修正が必要) 電界強度予測値を計算したい月の数字
P.dat データファイル(入力修正が必要) 送信所の実送信電力 単位: kW
PS.dat データファイル(定数)
RCX1.dat データファイル(定数)
RCX2.dat データファイル(定数)
RCX3.dat データファイル(定数)
RESUL.dat データファイル(定数)
YR.dat データファイル(入力修正が必要) 当該月の太陽黒点活動度

4.2 ファイル配置構成とデータファイルの修正
ファイル配置構成例は以下のとおりです。

<ディレクトリ構成例>
/FS/
         |  fs_pro.exe
         |  AF1.dat
         |  AF2.dat
         |  AF3.dat
         |  CSX.dat
         |  D.dat
         |  DG.dat
         |  F.dat
         |  FCS.dat
         |  FF.dat
         |  FG.dat
         |  FREQ.dat
         |  GCM.dat
         |  GCR.dat
         |  GCT.dat
         |  GW1.dat
         |  GW3.dat
         |  GW.dat
         |  LATRLONR.dat
         |  LATT.dat
         |  LONT.dat
         |  MON.dat
         |  P.dat
         |  PS.dat
         |  RCX1.dat
         |  RCX2.dat
         |  RCX3.dat
         |  RESUL.dat
         |  YR.dat

4.3 プログラムの実行

fs_pro.exeをダブルクリック、実行させます。

4.4 出力

ディスプレイーの表示と共にテキストファイルFSresult_0.txtは保存されます。
(入力値はすべてディフォルトの場合、出力の値は10月はがね山送信所で送信した電波、東京エリアで受信する電界電界強度予測値を示します。)
-------------------------------------------------------------------------------
4. 謝辞

バグ報告、要望を送ってくださったすべての方、ありがとうございます。
特に、Field Strength Pro Ver.1.0.開発の助言、支援をしてくださった人々に感謝します。