トップページ > Q&A及び資料・データ > 公開データ > 長波標準周波数偏差

Q&A及び資料・データ

公開データ

長波標準周波数(JJY)の周波数偏差



 標準電波JJYが発射する標準周波数の周波数偏差を公表します。  標準周波数は、標準周波数局JJYにより、40kHz及び60kHzの2つの周波数で、 毎日、24時間送信しているものです。  送信は、40kHzは、おおたかどや山標準電波送信所(福島県)、60kHzは、はがね山標準電波送信所(佐賀県/福岡県県境)から行われています。  標準周波数の周波数偏差は、JJYの基準周波数を衛星を利用した時刻比較の 手法により東京都小金井市の情報通信研究機構本部の周波数標準器と比較した値 (24時間平均値)を示しています。 (総務省告示第382号で発射精度は、1×10-12以内と規定されております。)


 表示したい送信所、年、月データを選択してください。
 1ファイルは、1月単位にしたものです。
 

 過去のお知らせはこちらをご覧下さい。





データの月
kHz 年 


「見る」ボタンを押すとデータ表示のウィンドウが開きます。

WindowsのInternetExplorerをご利用で、ポップアップブロックされる場合は、ctrlキーを押しながら「見る」ボタンを押してください。