トップページ > お知らせ

お知らせ

2020年 7月14日 

ネットワークを利用した時刻配信におけるNTPへの一元化

〜 http/httpsを利用した時刻配信の停止に向けた取組み〜

 NICTでは、日本標準時を生成すると共に、標準電波、光テレホンJJY、NTP等様々な方法で正確な時刻を配信しています。このうちインターネット上での配信については、NTPに加えてhttp/httpsによる時刻配信を試験的に実施してきましたが、今後別記の理由により「NTPを利用した時刻配信」に一元化する方向とし、「http/httpsを利用した時刻配信」については、停止に向けた取組みを開始させていただきます。
 これに伴い、「http/httpsを利用した時刻配信」をご利用の皆様には時限的な停止によって下記に示す影響が出る可能性がございますが、何卒ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

   ⇒ 時限的な停止スケジュールこちら

 また、同時に「http/httpsを利用した時刻配信」の停止に向けた取組みに関するご意見も募集しております。意見募集にてご記入頂けますと幸いです。

  

時限的な停止に伴う影響

 以下にはこの一元化及び時限的な停止による影響はありません

✔ 当機構のhttp/httpsによる時刻配信を利用していないほとんどのスマートフォン・PC等のアプリケーション
✔ ご使用の端末と標準時の時刻差を表示する以下のページ時刻合わせページ(下図)

https://www.nict.go.jp/JST/JST5.html


  ✔ また、NTP*サービスは、これまでどおり運用します。
*NTP:ネットワークに接続されたコンピュータや各種機器の時刻同期に用いられるツール。

 

以下には何らかの影響が出る可能性があります

✔ 当機構の「http/httpsによる時刻配信」(下図)を利用して時刻を取得する一部のスマートフォンアプリ・PCソフトウェア・ハードウェア機器

「http/httpsを利用した時刻配信」(下図) http(https)://www.nict.go.jp/JST/http.html に 記載されたURLへ
接続できない時間帯が生じます。
https://www.nict.go.jp/JST/http.html

 

問い合わせ先

国立研究開発法人情報通信研究機構 電磁波研究所時空標準研究室 日本標準時グループ

メール:


 

一元化の理由

 今回停止への取組を開始する「http/httpsを利用した時刻配信」は、各ネットワーク環境にNTPがそれほど普及していない状況下でファイアウォールによる影響を受けずに時刻情報が取得できるように開発した試験的なツールであり、NTPを利用して時刻情報を取得できない限定的なユーザが正確な時刻を得られるようにするツールでした。しかし、近年ではNTPによる時刻配信はインターネットでの標準的なサービスとなり、大多数の方が利用可能となっています。
 一方、「http/httpsを利用した時刻配信」はNICTの試験的なツールとしての位置づけであるにもかかわらず、2016年頃よりアクセス数が急増し、2018年後半からはサーバー負荷増大による一時的な停止も生じております。今後も限られた予算・人員の中でさらにサーバー能力や回線容量を増強して、NTPと共に双方のサービスを維持していくことは困難な状況です。また、現在の不十分な能力で運用を継続し、高負荷等によってサーバーが停止した場合には、ユーザーの皆様に多大なご迷惑をおかけする懸念も生じております。
 このため、今回の取組みは、今後より不安定となることが予想される「http/httpsを利用した時刻配信」を停止し、安定的にサービス可能なNTPを利用した時刻配信へ一元化することで、より安定した時刻供給を実現するものです。
 「http/httpsを利用した時刻配信」を利用されている一般の利用者、事業者の皆様においては上記の状況を考慮してNTPの活用をご検討頂きますよう、お願い致します。

停止に向けた取組み

「http/httpsを利用した時刻配信」の停止に向けた取組みとして、以下の2つを並行して行います。
@ ユーザへの周知のため段階的な時限停止を開始します
 「http/httpsを利用した時刻配信」についてはこちらで利用者の把握ができません。従いまして将来的な停止の可能性を利用者に周知するため、今後「http/httpsを利用した時刻配信」を段階的に時限停止(徐々に停止時間を長期化)する措置を行います。
 時限停止のお知らせは、時限停止の実施予定を参照してください。

*段階的な停止とは別に、サーバー負荷増大による予期せぬサービス停止が発生する場合があります。

A 現在行っている「http/httpsを利用した時刻配信」ツールの仕組みやプログラムを公開する予定です。このプログラムは「http/httpsを利用した時刻配信」を自ら行いたい方が参考とすることを目的とするものです。
 ※ご利用の環境に合わせた設定が必要となります。
 ※今回公開している資料の内容についてのみ問い合わせをお受けします。
個別の技術的な相談が必要な場合は、NICTが行っている技術相談(以下)での受け付けを検討します。

https://www2.nict.go.jp/oihq/soudan/