トップページ > 各種時刻配信 > 電話回線による標準時提供 > はじめに

各種時刻配信

2024年1月4日 

「テレホンJJY」 は、2024年4月1日に「光テレホンJJY」へ完全移行します

NICTでは、日本標準時を生成すると共に、標準電波、光テレホンJJY、NTP等様々な方法で正確な時刻を配信しています。
このうちアナログ電話回線による標準時提供(テレホンJJY)は、これまでにお知らせしてきましたとおり、2024年3月31日をもってをサービスを終了し、別の有線を利用した標準時提供方式である「光テレホンJJY」に完全移行します。
終了の理由は、テレホンJJYシステムが製造から20年近くの時間が経過し、その維持が難しくなっていることに加え、日本国内のアナログ電話回線のIP網化への設備切替が2024年1月1日以降に順次実施されることにより、テレホンJJYによる標準時提供方式では十分な時刻同期精度が得られなくなると見込まれることによるものです。
なお、光電話回線を利用した時刻供給サービスである「光テレホンJJY」は、2019年2月1日から正式運用しております。終了するテレホンJJYの代替としても利用されており、そのアクセス数はテレホンJJYのアクセス数を大きく超えました(下図参照)。

何卒ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

テレホンJJY&光テレホンJJYアクセス数_2312



問い合わせ先

国立研究開発法人情報通信研究機構 電磁波研究所
電磁波標準研究センター 時空標準研究室 日本標準時グループ

メール: