研究内容

実験室紹介(LANでの高精度時刻同期と位置情報)


LANにネットワーク時空情報サーバ(NSTサーバ)を接続すれば、 サブマイクロ秒精度で同期可能です。
更に、位置情報も利用可能となります。NSTサーバを利用した 高精度同期と位置情報システム入手ご希望の方はこちらへ。




1. ネットワーク時空情報サーバ(NSTサーバ, マッチ箱(竹))

GPSアンテナをつなぐだけで、ネットワークに高精度な時空情報を配信します。
NSTサーバは 技術移転 により製品化されています。
また、NSTクライアントソフトウェアはNICTで開発したPIA方式を採用し、無償で提供しています。


2. パケット到着間隔時刻同期方式(PIA方式)

時刻サーバが毎正秒に同期パケットを送出することにより、クライアントは 100 ナノ秒の精度で同期することができます。
しかも、クライアントには乗除・EEEZなどの複雑な機能は不要です。


3. 通過型タイムスンタパ(PUTS)

ネットワークに挿入し、カスケードに精度 8ns のタイムスタンプを挿入します。 End-to-End で途中のネットワークの状態を調べることができるようになります。

4. 汎用高速ネットワーク研究用モジュール(VHNM)

FPGA を中心に、2つのネットワークインタフェース(XFP, 10GbE まで対応)
外部同期信号入力、メモリ 1GB を有し、高速ネットワークの様々な研究に利用可能。


通過型タイムスンタパ(PUTS)
ネットワーク時空情報サーバ(NSTサーバ)
NICT公開NTPサービス

などの研究に使われている。

5. Linux での高精度タイミング

時刻取得関数に RDTSC を用いて、非RT-Linux でも、ソフトウェア処理だけでユーザランドで精度 37 ナノ秒のタイムスタンプを取得します。
本技術は、NSTクライアントに実装され、ライブラリが公開されています。

6. ネットワーク遅延


7. 位置情報


8. 高精度時刻同期アプリケーション

・分散計測 制御
通信システム
ネットワーク
・リアルタイムシステム

9. 標準規格と研究集会

IEEE 1588, NTP (RFC 1305, 4330)
PTTI, IEEE-FCS, EFTF, ATF, ISPCS
・IEEE INFOCOM, ACM SIGCOMM, ACM SIGCOMM IMC,
 ACM SIGMETRICS, PAM

電子情報通信学会 通信方式(CS)研究会,
 ネットワークシステム(NS)研究会, 情報ネットワーク(IN)研究会,
 コミュニケーションクオリティ(CQ)研究会

10. 公開文書(論文、報道発表、解説記事、etc.)




ご意見、ご質問は日本標準時プロジェクト( )まで。






コンテンツ

日本標準時(JST)グループでは、各種業務を行っています。
ご利用になりたいコンテンツを選択してください。

新着情報

新着情報(What's New)

研究業務内容・標準時について

標準電波(電波時計)の運用状況について

各種時刻配信・周波数較正について
(NTP、TEL-JJY、タイムビジネス、周波数較正等)

Q&A及び資料

  

おねがい

ご意見・ご質問は連絡先までお願いします。